窓ドア倶楽部|リフォーム|千葉県市原市・茂原市・袖ヶ浦市・千葉市

blogブログ

ブログ

断熱使用の玄関ドア

はじめに

こんにちは。サッシ職人の貝瀬です。
今日は1dayリフォームで人気の玄関ドアについてお話します。

玄関ドアの違い

断熱仕様の玄関ドアと通常の玄関ドアは、見た目は似ていますが、性能には大きな違いがあります。

お家の快適性や冷暖房のエネルギー効率に影響を与えるので、選ぶ際には違いを理解しておく事が大事です。

まず、断熱仕様の玄関ドアは、その名の通り断熱材が内蔵されており、外部の気温の影響を受けにくくなっています。
これにより、冬は室内の暖かい空気が逃げにくく、夏は外部の熱が入りにくいため、年間を通じて室内温度を一定に保つのに役立ちます。
これは冷暖房のエネルギー効率の向上にも繋がり、電気代の節約にも繋がります。

一方、通常のアルミ玄関ドアは断熱材が含まれていないため、外部の気温変化に直接影響されやすく、室内の温度を安定させるのが難しくなります。
冬場は冷気が直接伝わりやすく、夏場は熱が室内に入りやすいため、快適性の低下し、エネルギー効率も悪くなります。

熱の伝達という面だと、断熱仕様のドアは結露を防ぐ効果もあります。
結露は室内外の温度差によって発生する水滴の総称ですが、結露が多いと、カビやダニの発生原因となり、室内の衛生状態を悪化させる可能性があります。
断熱仕様のドアは、この結露を抑制し、室内を清潔に保つ助けとなります。

さらに、断熱仕様のドアは、音の伝わりにくさも特徴の一つです。
断熱材が音を吸収し、外部の騒音を軽減する効果があります。
家の中がより静かな環境になれば、居心地の良さの向上にも繋がりますね。

断熱仕様のドアは、一般的にアルミドアよりも価格が少し高くなりますが、長い目で見ると、エネルギー効率の向上やメンテナンスコストの削減により、価格以上のメリットが期待できます。

快適性や衛生面、騒音対策など、生活の質を高めるという意味でも効果は高いかも知れませんね!

終わりに

住まいあんしん倶楽部では今回の玄関ドアはもちろん、各所の工事で補助金の申請やアドバイスも行っております。
玄関に関して少しでも気になる事があったら、まずはお問い合わせ下さい。
御連絡をお待ちしてます!

お気軽にご相談ください。

お電話での
ご相談はこちら

LINEでの
ご相談はこちら

MAILでのご相談・
お見積もりはこちら